羽生大好き!


ちょいなかの町

“羽生”へようこそ

関東のほぼど真ん中に位置する、チョイ中の町。

チョー田舎ではない、かと言って都会でもない、チョイ田舎の町。

そして、何よりも人情の通い合う、チョット仲の良いご近所どうしが多い町。

 

それが、ちょいなかの町“羽生”です。

 

羽生暮らしでの様々な出会いや出来事を紹介することで、一人でも多くの人に羽生を大好きになってもらえたら、とても嬉しいです。

ムジナもんと愉快な仲間たち
ムジナもんと愉快な仲間たち。全員集合!

「ムジナもん」羽生市公認スタンプ

ブログ:ちょいなか暮らし

「ごみ分別ガイドブック」&「ごみの分け方出し方」

 羽生市とサイネックスさんとで発行した『羽生市 ごみ分別ガイドブック』と、『ごみの分け方出し方』を紹介します。

 

 ガイドブックの中には、「家庭のごみの分け方・出し方50音順一覧表」が7ページにわたって600品目近くが掲載されています。それぞれ、「資源ごみ」「燃やしてもよいごみ」「燃やしてはいけないごみ」「粗大ごみ」「有害ごみ」「拠点回収」「処理困難物」と分けられています。ただ一点、入れ歯だけは分類とは別とされ「市役所玄関の回収ボックスをご利用ください。」と記されています。

 正に一目瞭然!と言いたいところではありますが、文字の大きさが決して大きくはないことから、高齢者の方には判読できなさそうなのが残念なところです。

 

 普段は『ごみの分け方出し方』一覧表を見やすいところに貼っておけば、それでほとんどは済むでしょう。※2015年度版ではありますが、2015年4月15日に変わって以来、その後の変更は無いようです。

 

🔵ごみの分け方、出し方|羽生市

http://www.city.hanyu.lg.jp/docs/2014021800028/


 粗大ごみの収集は年に4回(2月・4月・7月・11月の指定日)です。それ以外の日に出したい場合、清掃センターに直接搬入するという方法もありますが、もう一つ、手軽な方法があります。それは、通常のごみとして出す方法です。

 ごみ分別ガイドブックには、次のように記されています。

 

 粗大ごみは、目安として45リットルの袋(一般的なサイズ65cm✕80cm)に収まらない大きさのものです。

 切る・折る・曲げる・たたむことにより45リットルの袋に入るものであれば、通常のごみ(燃やしてもよいごみ・燃やしてはいけないごみ)でお出し下さい。ただし、透明または半透明のごみ袋に入れて口を閉じて出して下さい。 

 たんすや自転車等を分解したりするのは大変ですが、傘やほうき等でしたら、簡単に折ったり切ったりして出せそうですね。

0 コメント

「はにゅうささえ愛隊」でトリプルWIN

「はにゅうささえ愛隊」とは・・・

 はにゅうささえ愛隊とは、一人暮らしの高齢者の方や高齢者夫婦の方、障がい者の方など、生活上お困りになっていることを少しでも軽くするために、市民の参加と協力のもとに、サービスを利用する人(利用会員)と、サービスを提供する人(協力会員)が、会員制により有料で行なう有償ボランティア事業です。
 ボランティアといえば、従来は無償というイメージが強かったのですが、あえて有償とすることにより、サービスを利用する人(利用会員)も、サービスを提供する人(協力会員)も、どちらも気兼ね無く、何度でもサービスを利用し易くなることから、今や、多くの自治体で取り入れる傾向にあります。
 羽生市では、利用会員から協力会員への謝礼は予め購入した利用券によってなされ、協力会員が受け取った利用券は羽生市商工会商品券に交換できます。これを地元の商店で利用することよって地域の商業振興等にもつながるといったトリプルWIN(一石三鳥)!の事業として取り組んでいるものです。
  詳しくは、次の画像や、社協のホームページをご覧ください。
はにゅうささえ愛隊
はにゅうささえ愛隊

社会福祉法人 羽生市社会福祉協議会での紹介ページはコチラです。

http://www.hanyushakyo.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=70

0 コメント

羽生はにゅうHanyu

 羽生市のPR動画が作られていた。なんと平和なまちなんだろうとあらためて感じるほのぼのとした動画だ。ご当地アイドルグループとでも呼ぶのか、羽生市公認ダンスグループ「ムジナキッズ」が登場してのものだ。よく見ると、知り合いのご主人も踊っている。ほんの1〜2秒だが。

 羽生市の特徴は、何と言っても何も無いことだ。羽生市でしか食べられない名物も、羽生市でしか観られない観光地も、とにかく何も無い。そこで、全国区に知れ渡る名物として作り出したのが『キャラクターサミット』というわけ。ギネス登録まで頑張った。

 そんな羽生市。実は、一番の特徴は、天災地変による被害が奇跡的に少ないことなのだ。統計とか数字的な根拠は持ち合わせてなくて、裏付けは無くて、あくまでも感覚的なものではあるのだが・・・。

 ほのぼのとしたPR動画から、少しでも感じ取ってもらえたら嬉しいものだ。


Hello!!Hanyu☆Hanyu(ハローはにゅはにゅ)~羽生市PRver~ [3:28]


【メイキング映像】Hello!!Hanyu☆Hanyu~羽生市PRver~ [5:25]


ムジナキッズPR動画 [1:41]


0 コメント

あけましておめでとうございます

初日の出

あけましておめでとうございます。

本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

さて、あちこちで初日の出の瞬間を捉えた動画がYoutubeにアップされ、また、私のところにもLINEで画像が送られて来ました。そのいくつかを紹介します。

 

まずは、木村昭二さんがYoutubeにアップされた大洗海岸での初日の出。続いて、静岡新聞がアップしているYoutube『2017年輝く「初日の出」 富士山上空で撮影』からです。こちらは、画像をクッリクすると、Youtubeのページへジャンプします。

太平洋や富士山に昇る初日の出は圧巻ですね。羽生市は地形が平坦なため、眺めの良いところに登ろうとすると、そうここです。昭和橋やその付近の土手になります。そこから撮った初日の出です。

次は、お隣の行田市にあるさきたま古墳群にある丸墓山からです。

次は、木村昭二さんがYoutubeにアップされた『空撮 謹賀新年 平成二十九年 元旦 茨城県 大洗海岸 神磯鳥居』の動画です。

最後はおまけです。今年の初日の出はありませんが、一番最初に紹介した大洗海岸でのもの。beaphoto1さんがアップされた「神磯の鳥居」の登る初日の出です。

0 コメント

急増する「日中独居」高齢者の異状死を防ごう!

 サイト「みんなの介護」、「ニッポンの介護学:第106回 高齢者には「日中独居」という孤独も!?家族と同居でも“異状死”の可能性…誰にも看取られずに最期を迎える高齢者が増加中!」を読んで驚いた。

 東京23区における複数世帯の高齢者における異常死者数が、単身世帯のそれに迫っているというのだ。複数世帯の中には、日中独居の事例も相当数あるのではないだろうか。

日中独居
※画像クリックで、みんなの介護「ニッポンの介護学」ページへジャンプします。

 独居老人の孤独死を含む異常死を防ぐべく、各自治体では様々な取り組みが行わている。

 次は室蘭市の例だ。

※画像クリックで、みんなの介護「ニッポンの介護学」ページへジャンプします。
※画像クリックで、みんなの介護「ニッポンの介護学」ページへジャンプします。

 羽生市でも、2025年問題に向かって様々な取り組みがなされている。まだまだ先のことと思っていたが、気がつくともう目の前になっている。しかも、その後には2042年問題が控えている。

 歴史上も、世界的にも、類を見ない大きな難問が待った無しで次から次へと押し寄せてくる向こう四半世紀。これ等をどう乗り越えるのか?!

0 コメント